仕事帰りに

日々なにげに感動的。そんなものを撮ってみたいものです。

同じような写真は沢山あるもので。

これも、今年撮った北条の夕暮れです。

毎年、飽きもせず同じ場所、同じ季節で撮りますね。

夕日は、出たとこ勝負。

同じ夕日は無いですからなんて、言っていますが、同じ構図、同じような写真の

量産が、常!!
683
そんなものです。笑

スポンサーサイト

雨なんだから、撮ってね~ょ。

そんな訳で、前に撮った写真で。
681
5月連休中の和田岬線、103。

だれも乗り込む人は無く、自由に撮り放題。
682
月の輝くよるでした。

和田岬線。

昨日は揺れましたね~。

ちょうど、仕事に向かう寸前。

地面が大きく揺れました。

携帯から警報が鳴る中、家族全員いたので、来るぞと構えました。

特に被害も出ず安心しましたが。

揺れの後、阪神淡路大震災の事を思い出しました。

揺れの中、なすすべ無し。

やっぱり、災害には無力です。

680
あらためて、天災は恐ろしい事を思い出す。

第二弾 B M W

679
かっちょいいぜい!! BMW。

なんだかわかんねーけど。

678
通過して行く、気動車。


北条鉄道。・

神戸電鉄の夕暮れを。

677
神戸電鉄。

一週間で苗はすくすく伸びています。

676
一週間前にもここで撮りましたが、水鏡だった田んぼが、あっと言う間に

稲の苗の緑が、多くなって来ましたね。

水鏡の良い時期も、一瞬の様です。



神戸電鉄。

かっちょいいぜい!! B M W。

675
列車がやって来る寸前まで、他の話題でたっぷり楽しむのである。


気おチラシ、集中を乱し、爆笑の駆け引きの中、目的物を撮りきる行為は

スリリングであり、オッサンの戦いの場である。笑

今日も少し。

明日は雨模様。

夕方は、雲が多く夕日を望めそうに有りませんでした。
674
それでも。

面白い空模様だったので、そんな物を撮って。


北条鉄道。

寸前で太陽は山向こう。

輝いていた稲の苗も、草木も、太陽が沈むと同時に、輝きを無くす。

太陽が残る、残らないは画面の雰囲気を大きく変えますね。
673
撮り直し決定。


北条鉄道。

最後も田原で。

671
20時台の北条行。

田原で撮って、今日の撮りじまいです。
672
北条鉄道 田原駅。

残照残る、田園で。

669
さすがに一番陽の長い時期。

20時の列車の時間も、残照が残ります。

残照と、月明り、星を田んぼに映し、20時の列車がやって来た。
670
北条鉄道。

夕暮れは田原で。

668
今年は、何時もと違う田んぼで撮ってみよう。

そんな所で、形が面白い田んぼを見つけて、一枚。


北条鉄道。

登坂途中。

667
水鏡に映して。

気動車が峠を登って行きます。



木次線。

仕事が忙しい。

例年だと、6月辺りから9月末ぐらいまで、お仕事が一段落して、山にでも

登ろか~ッぐらいのはずですが、今年はなんだか忙しいですね。

仕事が入って来ます。

自営業としては、まったく有難い話ではありますが、仕事帰りの撮影もなかなか

撮れていませんね。
666
何にも無してのも、寂しい感じですので、5月の木次線の残りで。



木次線。

油木の田園。

665
木次線。

黄色い花。

664
斜面に咲く黄色い花。

槍ヶ峰

663
せり立った槍の壁を、縫う様に登って行く。

右下に見えるのが、登山道。

登山マップには、のっていません。

道は、所々崩落しています。

梅雨と同時に花は咲く。

662
木谷沢渓流。

剣ヶ峰1731mから。

言わずと知れた、本当の頂上。

剣ヶ峰。

剣ヶ峰の稜線は、崩落が激しく登山禁止状態です。

なので、今の大山頂上とされているのは、弥山ですが。
859
今回、風は無風。

条件を見定めて、剣ヶ峰まで登って来ました。

ここに登るのは、数年ぶりの事。

860
剣ヶ峰から、左、天狗ヶ峰、槍ヶ峰、遠くに烏ヶ山を望む。

ここから見ると、崩落期の山だと良く解ります。
661
天狗ヶ峰から、ユ-トピア分枝方面を望む。

ここのル-トも崩落が厳しい。

大山は、そんな崩落期の山。